ABCクリニックの症例写真を見る方法を教えます!それは・・・

ABCクリニックの症例写真を見る方法を教えます!それは・・・

ABCクリニックでは症例写真を公開していません。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

症例写真

 

 

それは不安という暗闇と照らす灯り

 

 

あなたがもし、包茎手術をこれから受けるのだとしたら

 

症例写真を見ておきたくないですか?

 

 

どんな仕上がりになるのか不安だとしたら、絶対に見ておきたいですよね?

 

 

私もそうでした。

 

なぜなら、包茎手術を受ける人は、みな初体験だからです。

 

 

私は包茎手術歴20年のベテラン患者です。

 

なんて人いませんよね(苦笑)

 

 

私は包茎手術を受けると決意したとき、こんな暗闇の中を一人で進んでいくような気持ちでした。

 

 

 

 

不安で・・・

 

不安で・・・

 

私は「症例写真」という灯りが欲しかったんです。

 

 

 

 

 

しかし、そんな私と同じように不安な患者の為に、ABCクリニックは公式サイトには症例写真は一切、載っておりません!

 

 

ABCクリニックといえば、今や最大手の包茎専門クリニックの一つです。

 

不安な患者の為に、それくらいしてくれてもいいでしょう!

 

 

しかし、現実は一枚たりとも症例写真は公開していないんです。

 

 

 

 

悲しいです・・・

 

悲しすぎます・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、思ったのですが、

 

 

 

 

 

 

実はABCクリニックが症例写真を公開していないのは、きちんと理由があるのです。

 

 

 

実はABCクリニックが包茎手術などの症例写真を公開していないのにはきちんとした理由があるのです。

 

 

それは、

 

 

厚生労働省の「医療機関ホームページガイドライン」をきとんと守っているからです。

 

 

 

 

 

 

症例写真が見れないのは残念だけど、ガイドラインをきちんと守るABCクリニックは好印象です。

 

 

 

公式サイトにもこのように記載されています。

 

 

引用:ABCクリニック公式サイト

 

 

 

 

この厚生労働省の「医療機関ホームページガイドライン」はホームページに載せる情報の禁止事項を細かく指示しております。

 

厚生労働省は私たち患者を守るために、このようなガイドラインを作ってくれています。

 

 

 

虚偽の写真を載せたりなんてことがあったのかもしれませんね。

 

 

なので

 

 

 

 

「ちぇっ、症例写真を見れないのかよ!?」

 

 

 

って思っていたあなた

 

厚生労働省に感謝してくださいね。

 

 

 

 

「感謝なんかしねーよ!症例写真が見れないと不安で仕方ねーよ!」

 

 

そうですか・・・・

 

分かりました。

 

 

では、現在症例写真を見る事のできる唯一無二の方法をお教えしましょう。

 

実は・・・

 

 

 

 

実はABCクリニックの無料カウンセリングでたっぷりと症例写真を見せてくれる。

 

+

 

公式サイトでは症例写真を載せることはできませんが、ABCクリニックが修正手術だけでの年間3,869件をこなす大手クリニックです。

 

今までの事例数から、多くの症例写真の中からあなたにベストなものを選別して見せてくれると思います。

 

 

 

こちらはABCクリニックで包茎手術を受けた山本さんのインタビュー動画です。

 

症例写真を見せてしっかりと相談に応じてくれたそうです。

 

 

 

 

 

ABCクリニックの症例写真は地図です。

 

 

 

出発地点は「現状のあなたのペニス」

 

目的地は「理想のあなたのペニス」

 

地図は「あなたの手術に一番近い症例写真」

 

 

それさえ、

 

カウンセリングで決めてしまえば、あとはABCクリニックの執刀医がドライバーとして、あなたを目的地まで連れて行ってくれます。

 

 

 

ABCクリニックはカウンセリングだけなら無料です。
症例写真を見せてもらって、自分の理想のペニスの完成図を知るだけでも、気持ちが楽になるものですよ。

 

 

一度、気になる方はABCクリニックの無料カウンセリングに行ってみてください。

 

 

予約の際は「3,30,3プロジェクト希望」と書くのをお忘れなく治療費が3割引になります。

 

 

 

 

 

 


マンガを読んでみよう

トップへ戻る